冬至におすすめ「フォンデュあんまん」

2017.12.22 17:48

冬至の日を迎えEDIYAのフォンデュあんまんが話題

写真元:EDIYA COFFEE公式FACEBOOK

 

今日12月22日は冬至。
冬至は24節気のうち、22番目の節気にあたり、一年で一番夜が長く、昼が短い日となります。
韓国では昔から冬至に厄払いとして小豆で作ったお粥を食べる風習があります。
また、冬至に小豆粥を食べて本当の意味で歳を取ると言われており、歳の数だけ白玉を食べる風習があります。
 
冬至にあわせ、韓国の外食業界でもさまざまな小豆粥が登場しています。
EDIYA COFFEEからは、小豆粥に代わって、“つけて食べる”あんまんが登場。
 
EDIYA COFFEEのあんまんは、ミルクまんを100%国産の小豆を使用したお汁粉につけて食べる新しいスタイルとして、話題になっています。
 
つけて食べたり、かけて食べたり、お好みで食べ方を変えられるところがポイント。
ミルクまんの中には、ミルククリームが入っていて、より甘くクリーミーなあんまんを楽しめます。
 
EDIYA COFFEEの新メニューは冬季限定メニューのため、冬期間に韓国にお越しの方は是非お試しください。

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2017.12.22 17:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0