ソウルpm2.5酷い日は地下鉄・バス無料

2018.01.17 09:44

ソウル市今日pm2.5非常低減措置として出退勤時間地下鉄・バス無料

ソウル市では微細ほこり(pm2.5)を単純な気候の問題ではなく自然災害として規定し、市民の健康を守るため、大気が悪い日の地下鉄・バス乗車料を無料にするpm2.5非常低減措置を今月から実施しています。前日14日の初発令に続き、今日17日、2度目の発令となりました。
 
pm2.5非常低減措置の発令基準は、前日0時から午後4時まで微細ほこり(PM2.5)の平均濃度が85㎍/㎥を記録し、翌日の予報でも「大気“悪”(50㎍/㎥)」と表示された時と決まっています。
 
また、地下鉄乗車料が無料になる時間帯は、出退勤時間に合わせ、始発~午前9時、午後6時~午後9時と定められており、対象となる交通手段は、ソウル市の地下鉄1~9号線、ソウル市のバス、ソウル軽電鉄牛耳新設線です。
 
乗車料免除は、Tマネーなどの交通カードを改札の端末にタッチすることで適用されます。
1回乗車券や定期券は免除対象除外となるので注意が必要です。
 
なお、この措置はソウル市に限定され、京畿道や仁川などソウル市以外の駅から交通手段を利用する場合は免除対象から除外され、いつも通り乗車料が発生します。
 
これ以外にも非常低減措置発令日は、自律的な市民車両2部制が施行され、偶数の日は偶数の車のみ、奇数の日は奇数の車のみ運転できます。また、ソウル市庁舎と傘下機関、自治区公共機関の駐車場360カ所が全面閉鎖され、乗用車の利用が抑制されるとともに、ソウル市官用車両など総3万3000数台の運行が禁止されます。
 
非常低減措置発令日については、当日インターネットニュース、TV、地下鉄内アナウンスで確認が可能です。
 
寒さの緩和とともに微細ほこり(pm2.5)が韓国に大きな影響を与えています。
旅行で来られる方、韓国内に住まれる方は、マスクの着用を心がけましょう。

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2018.01.19 15:50
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0