ソウル観光パスカードの特典拡大

2018.05.09 09:38

ディスカバリーソウルパス、割引価格で利用できる観光名所拡大、交通利用券も新たに追加

ソウルの主要観光地を安く利用できる外国人専用観光パスカード「ディスカバーソウルパス」がアップグレード。無料で、もしくは割引価格で利用できる観光名所が増え、移動交通の特典も新たに追加されました。
 
具体的に、国立中央博物館、ソウル艦公園、南山ゴル韓屋村、63ビル展望台、63アクアリウム、コエックスアクアリウムなどの無料入場が可能になり、無料で入場できる観光地が21カ所から36カ所まで増えました。
 
割引特典を受けられる提携観光施設もロッテワールド、ロッテタワー展望台、ソウルランド免税店6カ所、中央大国際医療センターなどが追加され11カ所から30カ所に拡大されました。
 
このほか、交通カードとしての機能も強化され、仁川空港からソウル駅までの空港鉄道1回片道乗車券とシティツアーバス1日乗車券、公共自転車タルンイの24時間利用券も追加され、移動するときもカードでお得に利用できるようになりました。
 
また今回から新たにモバイルパスも作られ、ソウルパスのアプリからいつでもパスカードを購入し、利用できるようになりました。
 
ディスカバーソウルパスの購入価格は24時間券39,900ウォン、48時間券55,000ウォンと今までの価格と同様な上、72時間券(7万ウォン)も新しく追加されました。3泊4日の旅行ならこのチケット1枚で十分にソウル観光が楽しめるようになります。
 
ソウルパスの機能やサービスをアップグレードした「ディスカバーソウルパス」改訂版は5月9日に発売予定です。
 
主要観光地の入場料のみならず移動交通の特典も増えますます利用価値が高くなった新しいディスカバーソウルパスを利用して、お得にソウル観光をお楽しみください!
 

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2018.05.10 16:50
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0