地下鉄区6号線鷹岩区間乗り過ごし要注意

2018.07.05 09:37

恐ろしや!「一度間違えたら引き返せない」6号線鷹岩地帯

ソウル地下鉄の「バミューダトライアングル」と呼ばれる区間をご存知ですか?
 
6号線「鷹岩(ウンアム)」駅を出発地点に、反時計回りで「鷹岩→駅村→仏光→ドクパウィ→ヨンシンネ→亀山→鷹岩」と駅が輪っか状態に繋がったエリアのことで、普通は地下鉄を乗り過ごした時、反対ホームから乗れば戻ることが出来ますが、この区間は列車が右回りで一方通行となっており、一度中間駅で乗り過ごしたら最後、鷹岩​まで戻り、再度目的地に行かなくてはなりません。
 
ネット上ではこれに関するクレームも多々。どうしてこのような造りになってしまったのか、「ソウル地下鉄建設30年史」によると、当初の計画では循環区域なしにヨンシンネ駅を終点にするはずが、回送車施設を作るには道路幅が狭く、住宅街の下に造らなくてはならなくなる関係で、周辺住民に弊害が及ぶと考え、代案として、今のようなループ形状となったようです。
 
一方、電車の車輪が一定的に摩擦されることでより長く使用することができるという長点と、少ない予算でより多くのエリアの住民が地下鉄を利用できるようになったという面もあり、一概にデメリットのみあるわけではありません。
 
韓国でもし、6号線を利用することがあれば、この区間では乗り過ごさないようにしっかり駅をチェックする必要がありそうです。
 
ニュースソース:SBSニュースhttps://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1004829777
※本記事はSBSニュースをベースに作成しました。

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2018.07.05 09:50
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0