9月22日~26日連休ソウル4大宮入場料無料

2018.09.13 09:57

秋夕連休期間は古宮、博物館で多様な文化体験イベント開催

22日から26日までの秋夕(チュソク)連休期間には4大宮および宗廟、朝鮮王陵、遺跡管理所の入場が無料になります。ふだん予約制で運営している宗廟も、連休期間は自由に観覧可能。ただし、国立古宮博物館は秋夕当日休館ですので注意が必要です。
 
秋夕連休期間には各所で多様な文化行事イベントも開催されます。
 
景福宮では勤政殿、慶会楼など宮内を散策する王家の姿を再現した「王の散策」が26日に開催。
徳寿宮では大韓帝国時期の高宗が外国公使と接見した儀礼と宴会を再現した「大韓帝国外国公使接見礼」が22日から24日まで静観軒と即阼堂前で行われます。
これ以外にも伝統民俗遊びを徳寿宮と顕忠祠、七百義塚、世宗大王遺跡管理所などで行われる予定です。ほかにも景福宮・昌慶宮では夜間特別観覧(有料)が16日から29日まで実施されます。
 
国立無形遺産院では22日秋夕文化体験イベントを運営。
主要プログラムとして、一年の収穫の感謝を込めて準備する「祭壇準備」、ご先祖の祭壇にあげる名節料理、松餅作りのほか、コマづくり、けり玉つくりなどが午前11時から午後16時まで開催されます。
 
国立海洋文化財研究所では24日から25日まで海洋遺物展示館野外広場とラウンジで「海洋文化財とともにする民俗あそび体験」が開催され、民俗行事、写真展、民俗あそび体験、工芸体験が行われます。
 
秋夕の雰囲気が楽しめて、韓国特有の文化を学べる機会。
連休期間、どこに行こうか悩んでいる方は、古宮や博物館へ足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2018.09.13 15:21
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0