もう待たない!仁川空港から早く出国する方法

2018.07.02 15:02

出国手続きの時間を短縮して旅行をもっと楽しく!仁川空港利用に役立つ裏ワザ3

7月・8月は夏休みシーズン。このシーズンの仁川空港は、平日も週末も出国場が混み合います。
そこで、この時期韓国に来られる方のために、出国手続きを早く済ませるための3つの方法をお教えします!

1.モバイルチェックイン活用

大韓航空アシアナ航空など韓国の航空会社で直接チケットを購入した人なら、モバイルチェックインで時間短縮が可能!
搭乗48時間前からアプリを利用してチェックインが可能です。
モバイルチェックインを済ませておけば、時間短縮できるだけでなく、座席も事前に指定できて安心です。
また、モバイル搭乗券となるため、無くす心配もありません。
当日は預ける手荷物が無ければカウンターをスキップしてそのまま出国ゲートに行けます。

2.セルフチェックイン・自動手荷物委託を活用

セルフチェックインは、1番のモバイルチェックインを行わない場合、当日航空会社のカウンターにある端末から行えます。
チェックインを行ったら、自動手荷物委託(Self Bag Drop)で荷物を預けましょう。
カウンターに並ばなくても、専用機器に荷物を乗せて手元の搭乗チケットを端末にスキャンするだけ。1分で済ませられます。
 
セルフチェックイン可能な航空会社
第1ターミナル
アシアナ航空/イースター航空/T'way航空/エアソウルなど
 
第2ターミナル
 
自動手荷物委託可能な航空社
第1ターミナル
アシアナ航空/済州航空/エアソウル
 
第2ターミナル
大韓航空

3.一番空いているゲートから出国

カウンターよりも混み具合によっては一番時間を取る「出国ゲート」。
韓国ではネットでリアルタイムでゲートごとの混み具合を知ることが出来ます。
方法はカンタン。韓国検索ポータルサイト「NAVER(http://www.naver.com)にアクセスして、「인천공항 출국장」と検索するだけ。
第1、第2ターミナル別々に、出国ゲートごとの人数を知る事が出来ます。
青・緑は空いており、黄色から赤にかけて混んでいることを示しています。

出国を早く済ませて残りの時間を空港で満喫

このほか仁川空港はターミナルが第1、第2と分かれていて、カウンターもAからMまでと広いため、先に利用する航空会社のカウンターの位置を知っておくと安心で、時間も短縮できます。
手続きは早めにストレスフリーで済ませ、旅行の最後の時間、空港内でのショッピングやグルメをお楽しみください。

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2018.07.02 15:48
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0